創作活動

「オーフィアス組曲」

音楽と文章からなる作品「オーフィアス組曲」を制作中です。動物たちが現実と幻想の世界(生と死)を行き来します。彼らを通じて、「あるがままに生きる」ことを体感する作品でもあります。

私は常々、生きることに意味づけし、考え込んで生きることに疑問を感じていました。

自然は采配を振り、喜びや悲しみをつれてくる。不条理な結果であっても、条理につながることすらある。人にとっては畏怖であっても、自然にとっては無為なること。生きとし生けるもの全ては、自然の流れにそっている。

自然界の中の無力で、無知なる存在のひとつとして、われわれ人間の存在があるのではないでしょうか?

登場するキャラクター(動物)は擬人化されております。擬人化の理由がわからないと、ご指摘を受けたことがありますが、それは2009年に亡くなったぬいぐるみ作家の存在にありました。

宮島登志子さんは才能溢れる作家で、これから独自の作品を作ろうとなさっていた矢先に、53歳の若さで亡くなりました。彼女が若かりし頃に制作したうさぎたち、痛み止めを打ちながらも死の直前まで作り続けた猫たち。彼、彼女らに息を吹き込み、生き物にすることが、亡き登志子さんの思いに応えることの一つではないかと、私は考えたのです。

彼女が亡くなる二ヶ月前、直接お電話がかかってきたことがございます。「私はもう長くはありません。猫さんはいりませんか?生みの親より育ての親と言いますから。」と話されました。彼女は生きた証として、自分の作品が作りたかったのだと思います。瀕死の状態だと伺っていましたので私も非常に迷いましたが、ご本人の強い意志を汲み取って、ぬいぐるみの猫一匹を作っていただきました。

このような経緯があり、なんらかの形で彼女の作品を広めたいと思い始めたのが、2009年秋。「育ての親」としての私にできることは何か?と考え続けた結果、文章と音楽からなる作品の創作にかかることを決意しました。私も過去から続けてきた仕事からの、方向転換を目指しておりました時期だけに、運命的な出来事であったと感じております。

原初に戻る

2010年から手がけてきた文章は、2013年を境に、預言の物語となっていきます。

楽曲も、修正に次ぐ修正を繰り返し、ようやく自分自身の出発地点に立ち返るところまできました。

私は山奥で生まれました。秋になれば目の前の山が紅葉し、赤とんぼが群れをなし、やまびこが響き渡る。炭焼き小屋があって、裏では野菜を作っていて、水道がなく、井戸水でスイカを冷やすような毎日。

明け方には金星が煌々と輝く中で、歯を磨く。冬には軒下につららが下がり、歩くと霜柱の小気味よい音が響いて気持ちが良い。

自然の中で、私は創作と音楽を始めたのです。英才教育を受けたわけでもなく、詰め込まれるような環境にもいない・・・この自由さが今の私を形作っているのです。

オーフィアス組曲を通じて、原初に立ち戻ることになったと感じています。

2017年春 花笑みの日

2017年春、東京の桜の開花日に、父は亡くなりました。同時に、作品の方向性も大きく変わりました。父の唯一の希望は、「作品(オーフィアス)を鑑賞したい」というものでした。

私の作品が出来上がるのを心待ちにしていたと確信しております。

しかし、世の諺どおり、私は父の希望を叶えることができませんでした。

亡き父への思いを胸に、2017年末、新たな一歩を歩み出します。父には遺言というものがありませんでしたが、「音楽が聴きたい」と申していたことを遺言と受けとめ、創作に邁進する日々が続いています。

あるがままに生きる

父が還暦になる手前、重度の神経症を患ったことがあります。亡くなってもおかしくないほどの病状でしたが、京都三聖病院の宇佐晋一先生の教えを受け(治療を受け)、「あるがまま」という思想を胸に人生を方向転換したのです。(その後30年間、現役で医師を続けましたので、命をもらったとも考えられます。)

オーフィアスの世界観は「あるがままに生きる」です。あるがままとはありのままとか、自然体でいることではなく、生きることに意味づけしないという思想です。

自我をなくし真っ白な世界を得て、新たな境地を開くとでもいいましょうか?

このような世界観が、私の中に自然に形成されていたことは、亡き父の影響が大きかったと思わざるを得ません。

2018年11月24日には、オーフィアス組曲中の楽曲「addictus」(ピアノデュオ版)が国際ピアノデュオ作曲コンクール本選会においてお披露目され、カワイ賞を受賞いたしました。この出来事は作品にとっても、私の人生にとっても大きな転換点となりました。

加えて2010年からの紆余曲折、七転八倒の日々にも一応のピリオドが打たれたことは、心の変容によるものではないかと考えています。

オーフィアス組曲は、人生と共に成長を続ける作品であるのでしょう。作品の成長と共にみなさまへ「心の輪」を広げることができるよう、願っております。