創作活動

預言物語「オーフィアス組曲」

音楽と文章からなる作品「オーフィアス組曲」を制作中です。キャラクター(動物たち)が現実と幻想の世界(生と死)を行き来します。キャラクターを通して、生きることの意味を追求するストーリーです。

生きることに意味はあるのでしょうか?みなさんはどうお考えになるでしょう?生きることに意味づけする必要があるかどうかは、私にはわかりません。

人の思いとは別に、自然は采配をふるい、喜びや悲しみをつれてくる。不条理な結果であっても、条理につながることすらある。人にとっては畏怖であっても、自然にとっては無為なること。生きとし生けるもの全ては、自然の流れにそっている。

このように無力で、無知なる存在のひとつが、われわれ人間であるのです。

登場するキャラクターは全て動物です。擬人化されております。擬人化の意味がわからないと以前ご質問を受けたことがありますが、それは2009年に亡くなったあるぬいぐるみ作家の存在があります。彼女、故宮島登志子さんは才能溢れる作家で、これから独自の作品を作ろうとなさっていた矢先に、53歳の若さで亡くなりました。彼女が若いときに制作したうさぎたち、また、死の直前、水のみで生き、痛み止めを打ちながら作った猫たち。彼、彼女らに息を吹き込み、生き物にすることで、亡くなった登志子さんの思いをつないでいけたらと、思いました。

彼女が亡くなる二ヶ月前、お電話で一度だけお話しました。「私はもう長くはありません。猫さんはいりませんか?生みの親より育ての親と言いますから。」などと話されたことをよく覚えています。

私は育ての親なのですから、彼、彼女たちを世に出す手はずを整えなければならないと思っていました。しかし、意気込みとはうらはらに、時間だけが経っていきました。

原初に戻る

2010年から手がけてきた文章は、2013年の西洋占術レッスンを境に、預言の物語となっていきます。

そして曲も、修正に次ぐ修正を繰り返し、ようやく自分自身の出発地点に立ち返るところまできました。

私は山奥で生まれました。秋になれば目の前の山が紅葉し、赤とんぼが群れをなし、やまびこが響き渡る。炭焼き小屋があって、裏では野菜を作っていて、水道がなく、井戸水でスイカを冷やすような毎日。

明け方には金星が煌々と輝く中で、歯を磨く。冬には軒下につららが下がり、歩くと霜柱の小気味よい音が響いて気持ちが良い。

自然の中で、私は創作と音楽を始めたのです。英才教育を受けたわけでもなく、詰め込まれるような環境にもいない・・・この自由さが今の私を形作っているのです。

オーフィアス組曲を通じて、原初に立ち戻ることになったと感じています。

2017年春 花笑みの日

2016年秋当時、この作品を「西洋占術を学ぶ人々のためのテキスト」として使用したい、との思いがありました。

しかし2017年春、桜の開花日に、父を亡くしてからというもの、目指す方向が大きく変わりました。父は私に、西洋占術家としての道を望んでいたわけではありませんでした。唯一の希望は、「私の作品を鑑賞したい」というものでした。

私は父の思いを叶えることができませんでした。

2017年、初夏。私は、新たな一歩を歩み出すことにしました。頓挫していた音楽作りを、再開できるだけの時間を作り、自分が思わない仕事(人から押し付けられた仕事)から撤退することを心に決めました。父には遺言というものがありませんでしたが、「音楽が聴きたい」と申していたことを、遺言と受け取り、創作に邁進することにしました。

幻想と現実の狭間で

父の死は、私に大きな変化をもたらしました。オーフィアス組曲の世界が現実となり、「預言物語」にふさわしい展開となってきていることを、感じさせてくれました。

「現実と幻想の世界を行き来する」この不思議な体験が、作品により共有できれば幸せです。それは亡き父の思いであるかもしれません。

作品はどのような形であったとしても、必ず世に出します。

2017年中には、少しづつ作品をアップしていきます。また、作品の質については、今の私の力を総結集し、完璧であると思える形で、みなさまや亡き父の元に届けることを、約束します。