オーフィアス組曲 キャラクター紹介

うさぎ族

サザンクロスに在住 

宮ノ島家は、昔から天と交信する能力をもった、いわゆるスピリチュアルな家系です。しろとじゅりは、母としの代理として、震災で亡くなった 魂を鎮めるため、「語りがけ」という儀式を司どる役目を任されています。

下界には、陰陽師=加持祈祷を行う という仕事があります。宮ノ島家の役割は、陰陽師と似ていると思います。

1)故 宮ノ島とし 獅子座

宮ノ島家の血筋(天との対話能力)を強くひいていた。嵐と対話することが好きで、交信詩を詠む能力があった。半年前に、じゅり(兄)としろ(妹)の2匹の子ども を残して亡くなったが、天国に到着した合図として、「おしるし」を落とした。 

2)宮ノ島じゅり 天秤座 

としの子どもで兄。母が残した農場を運営している。料理とハープの演奏が得意。兄らしくなく、繊細ではにかみやの面があ る。 

3)宮ノ島しろ 牡羊座 

としの子どもで妹。妹でありながら、兄より活発。兄の運営する農場を手伝いながら、指揮、作曲、ピアノ演奏をマルチに こなす。天との交信能力が強い。

猫族

:西朱里(にしあかり)家:

猫まやの里に在住

1)故 西朱里(にしあかり)ゆりえ 山羊座

笛猫(ふえねこ)といい、笛で癒しを授ける特別な存在であった。 2ヶ月前に病により他界。

猫生を保障されている反面、猫笛吹きとして一生を全うすることが義務づけられていた。子どもを授かることがなかったため、後継ぎがおらず、思い悩 んでいたとき、みかんの木の下で泣いていた赤ちゃん猫に出会う。この猫を養女とし、笛猫として育てあげた。

2)西朱里(にしあかり)オレンジ 乙女座

ゆりえの養女である。ゆりえに拾われ、笛猫として育てられた。オレンジはゆりえを実の母と信じ切っていたが・・・ゆりえの虹渡りの日、真実を知ら されることになる。 猫笛とトイピアノを操って、皆の心をほぐす才能を授かっている。

:花吹雪(はなふぶき)家:

轟湾岸(とどろきわんがん)在住

かつては、3匹家族でした。ご夫妻は肉体は滅びましたが、魂は生きております。オーフィアス組曲では、命を失ったキャラクターも、地上へとメッセージを送ります。

1)故 花吹雪猫三郎(はなふぶきねこさぶろう)乙女座

震災の避難中に亡くなった。生前中はクラブドクロの専属ピアニストであり、作曲家でもあった。実直で一本気な猫であった。

2)故 花吹雪みぃか 牡牛座

歌猫(うたねこ) 猫三郎の奥さん。病弱ではあったものの、声がすばらしく、クラブドクロでは猫三郎と共に、演奏していた。震災の避難中、猫三郎と共に津波に のみこまれ、命を落とした。

3)花吹雪ノア 魚座

花吹雪夫妻の養子である。震災避難中、津波に流されながらも、助かる。父の後をついでピアニストになるべく修行中であったが、両親の突然の死により、生き る気力をなくしている。しかし、宮ノ島しろとの偶然の出会いによって、運命が大きく開かれていく。

ノアは実父と震災をきっかけに出会い、 後に天空から猫三郎に真実を知らされる。

 

:キロン診療所の猫族:

1)紅東鈴(べにひがしすず) 蟹座

ペルソナ公園裏 大いちょう在住

未亡猫。大いちょうに居を構えているが、ほとんど戻らず、瑠璃ヶ丘(るりがおか)のキロン診療所の「母」として、孤児や病気の動物の世話ををとり しきっている。

しっかり猫で負けん気が強く、面倒見が良い。

2)猫目石金平(ねこめいしこんぺい) 蠍座

かつては大いちょうで鈴と同居していた。

後に、プロフェットクレアーレ(選ばれし預言猫)となる。プロフェットクレアーレとは、上流猫の一族を守り抜く仕事である。仕事が終われば、誰の目にも触れないように、この世から姿を消すことが、掟とし て定められている。

子猫のとき、愛護センターでの処分寸前に、紅東鈴によって引き出された。その後キロン診療所に入居。気まぐれで喧嘩早く、風来坊。他の動物たちとの折り合いが合わず、鈴が引き取るが、家出。行方不明となっていた。

:プロフェットクレアーレ:

1)京平(きょうへい)   双子座

猫目石金平が、プロフェットクレアーレの後継ぎとして、指名した。元ヤクザ猫であるが、腕っぷしが強いだけではなく、精緻な予知能力に加え、懐が 深い。総合的能力が高い猫である。

2)榊名次郎(さかきなじろう) 魚座

榊名一族の主である。榊名家とは、猫目石金平が10年にわたって守り通した、上流猫の一族である。

 

キロン診療所スタッフ

キロン診療所は、動物のための診療所です。震災を境に孤児も増えましたが、皆で協力してお世話をしています。診療所を卒業した動物たちは、轟湾岸(とどろきわんがん)などで漁猫となったり、農場を運営するなどして、収穫物を診療所に届けています。

:アリクイ族:

アリーナ   射手座

瑠璃ヶ丘在住。

キロン診療所所長である。見た目は老いているがかくしゃくとしており、何事にも先陣を切る。震災が起きて後、孤児院を増設した。

:犬族:

1)ロイス (フレンチブルドッグ)  水瓶座

瑠璃ヶ丘在住。

キロン診療所チーフの獣医。子犬の頃、愛護センターからアリーナによって引き出された。アリーナは異種でありながら、ロイスの素質を見抜き獣 医として育てあげた。

今では、どんな動物でも対応できる、ベテラン獣医としての誉れが高い。

2)セルゲイ (樺太犬) 獅子座

瑠璃ヶ丘在住。

迷い犬であったが腕っぷしの強さと対応力を買われ、キロン診療所の警備や案内など、まとめ役を任されている。