瑞木薫プロフィール

瑞木薫 Mizuki Kaoru  作曲家 ピアニスト 

1956年2月26日 午前5時半 三重県津市生まれ  魚座

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業

作曲を故北村昭氏、南弘明氏に、ピアノを故伊達純氏、小梶詔子氏、谷口明子氏に師事。

Jasrac会員

過去の主な楽曲

経歴

5歳よりピアノを始め、同時に創作活動を開始。当時は絵とポエムを書いた。

教師の勧めにより、10歳から、音楽の専門家を目指して、訓練を受ける。

10代前半より、現代作品に興味をもちはじめる。中でもオーケストラ作品に強く心を惹かれる。ブーレーズ指揮、ストラヴィンスキー「火の鳥」に、心を砕かれる。まるで、今作曲されたかのように響く演奏に感動し、学校の卒業文集にまで感想を載せるほどであった。

15歳より、作曲を始める。この頃から、音楽を生業にしたいとの気持ちが強くなる。その後、東京芸術大学音楽学部作曲科に入学。

卒業後は毎日が作曲の日々。作曲コンクールに応募し、腕を磨いていく。技術的に高みを目指すこと、そして、自分の作品を音にしたいという気持ちからの挑戦だった。曲の音源化、演奏により、全国に広まっていった。

  1. 1982年 全日本合唱合唱連盟、朝日新聞社共催 全日本合唱コンクール課題曲公募 詩 茨城のり子 「女の子のマーチ」合唱名曲シリーズ(課題曲集への掲載)とブレーンレーベルより、CDリリース。
  2.  1984年 新波の会(四谷文子先生の会)主催 第五回日本歌曲作曲コンクール 入賞 詩 塚本貞子「オカリナ」
  3.  1986年 全日本吹奏楽連盟主催 朝日作曲賞受賞(課題曲公募)「吹奏楽のための変容」カワイ出版より課題曲集としての出版と、ブレーンレーベルより、CDリリース。
  4.  1987年 全日本合唱合唱コンクール課題曲、朝日新聞社共催 全日本合唱コンクール課題曲公募 詩 小出淡 「しゃっくり」合唱名曲シリーズ(課題曲集への掲載)とブレーンレーベルより、CDリリース。

その他・・・

ブラスの課題曲は、約30年経った現在でも編成を変えて、コンクールの自由曲(エレクトーンコンクール)として演奏されている

  • 1988年~1995年  特撮音楽の作曲(挿入歌 劇伴 )を担当する。(東映 コロンビア テレビ朝日)
  • 並行して、midiによる、コンピュータミュージック(ローランド フェイス  ヤマハなど)の仕事を休む暇もなく、手がけていく。
  • 1996年~2003年頃まで ゲーム音楽(コナミ  エコールソフトウェアなど)を大量に手がける。
  • 1998年~2010年まで、教育用作品ならびに、演奏会用作品を多数作曲する。(音楽之友社)音楽之友社だけではなく、教育芸術社、教育出版、その他多数のメーカーから出版物、録音がでている。
  • 2006年 アニメ「プリンセス・プリンセス」の劇伴とポエトリーリーディングのピアノ演奏と作曲をする。(フロンティアワークス ポニーキャニオン テレビ朝日)
  • 2010年3月より、自主制作作品、預言物語「オーフィアス組曲」の文章にかかる。
  • 2011年1月より、預言物語「オーフィアス組曲」作曲にとりかかり始める。
  • 2012年、チェコフィル三重奏団+フルートのコンサートのための編曲を手がける。
  • 2013年より、2016年まで試行錯誤の時期が続く。このまま創作を続けていくか?無理に勧められた西洋思想の仕事を追求するか? 迷う日々であった。生まれ始めて、表向きの音楽活動を休止する。(迷いながらも、預言物語オーフィアス組曲の制作は続けていたが・・・)
  • 2017年12月末、音楽創作活動を本格的に再開する。
  • 2018年11月24日、オーフィアス組曲より「addictus」ピアノデュオ版が、天王洲スタインウェイサロンにて演奏される。