オーフィアス組曲 1章「春雷」

津波

「ノア、みぃか、手を離すんじゃないぞ。何があっても離しちゃだめだぞ。」

三匹は手をつなぎ、高台の倶楽部ドクロを目指して走り出しました。みぃかはぜいぜいと息を吐き、今にも倒れそうです。

「みぃか、背中に乗れ。」

猫三郎がしゃがみこんだとたん、黒い波が覆い被さりました。二匹はあっと言うまにさらわれて、暗闇の中に消えてしまいました。

「父さーん、母さーん。」

キロン診療所の避難所にて

「父さーん、母さーん。」

「ノア!ノア!大丈夫か?苦しくないか?」

「ロイス先生、僕・・・・またあの日の夢みたよ。父さんと母さんが・・・」

「うなされてたぞ。庭まで聞こえるほどの大きな声だったからきてみたんだ。汗びっしょりじゃないか!」

ロイスはノアの汗を拭いてやりました。

「すごく寝苦しくて、何ものかに心臓を締め付けられてるみたいで。」

「そうか、今日は満月だからなぁ。」

「・・・満月って?」

「満月の日は、荒れるんだよ。良いことも悪いこともいっぺんに起きるんだ。」

ロイスはカーテンを引き、窓を開けました。

「大きな月だなぁ。これじゃあ、電灯もいらないや。気晴らしに散歩でもしてみるかい?」

二匹は夜風にふかれながら歩き始めました。

「春だというのに夜になると風が冷たいね。手がかじかんでしまうよ。」

「もうじき桜の季節というのにねぇ。」

ロイスはノアの手をとって歩いています。

M(歌)

「先生、何かきこえない?風の音に混じってだれかが歌ってるみたい。」

ロイスは耳をピンとたてて、左右に動かしました。

「何となく聞こえるような気がするけど、はっきりしないよ。ノアは父さん譲りの良い耳をもってるからなぁ。」

「あっちから聞こえてくるように思うけど。」

ノアはサザンクロスの方向を指しました。

「サザンクロスか。夜の散歩にはちょっと遠いけど、どうする?」

「僕、あの声の主を知りたいんだ。」

ノアはロイスの前に立って、小走りで歩き始めました。

「そんなに慌てなくてもいいじゃないか。」

「たまには夜のかけっこもいいじゃない?先生」

サザンクロスの里山にて

  サザンクロスの里山では、「語りがけ」という儀式が行われていました。半年前に震災で亡くなった魂を沈めるため、天との交信能力をもつ宮之島家のウサギたちが、数百年の時を超えて、執り行なうことになりました。界隈の動物たちは深夜にも関わらず集まって、祀りを見守っています。

M(音楽)

長(おさ)を務めるうさぎ、宮之島しろは、雲に向かい、亡きものたちの思いを詞に託して語りかけています。雲は風を呼び、風は亡きものたちの思いを歌に変えて、長(おさ)に返していきます。長(おさ)は風に向かって歌を詠み、その思いは祈りとなって、天地を覆い尽くしていくのでした。

「すごい。」

「いったいどこからこんなに集まってきたんだろう。」

二匹は顔を見合わせました。里山は動物たちと天空との思いが一緒になっているかのように、熱い空気に包まれています。

「お腹に響くよ。勝手に声が出てしまうんだ。」

ノアは動物たちの歌声に合わせ、足踏みしながら歌いはじめました。

「僕も、心があちこちにはじけていきそうだよ。」

ロイスも身体をゆらしながら、歌っています。

翌日の午後

  ノアはサザンクロスの里山にやってきました。しかし、昨晩の光景を現すものは何一つなく、古びた石碑が一本立っているだけでした。

「近しものみまかりて、黄泉の園へ召されし折、しるし届けらることあり。そはうらの輪つがりしむ命、受けしものへのしをりなるべし。」

ノアは石碑の文字を指でなぞっては、ぼそぼそとつぶやきます。

「『近しいものが亡くなって、天国に到着したときに、しるしが届けられることがある。それは心の輪をつなげていく指名を受けたものへの、道しるべとなるだろう。』って意味だよ。」

ふりかえると、昨晩の白ウサギが立っていました。

「しるしって、おしるし伝説のこと?」

「伝説じゃないよ。ほんとにおしるしは届くのさ。」

「うさぎさん!昨日の祀りは凄かったです!」

「昨晩は、震災で亡くなった動物たちへの語りがけをやったんだよ。うちは宮之島といって、代々、祀りをまかされている血筋なのさ。」

「道理で、おしるしのこともよく知っているんですね?」

「わたしもよくは知らなかったんだが、母を亡くしてしばらくして、手紙と共におしるしが届いたんだよ。猫さんには信じられないだろうけど。そこで初めて、伝説ではないとわかったの。」

「なんだか夢のようなお話だぁ。」

「おしるし、見たい?」

しろは笑いながらノアに語りかけます。

「そりゃあ見てみたいけど、初対面の僕なんかに、見せてもいいの?」

「猫さんとわたしが会うことはすでに決まっていたの。だからいいのよ。」

「・・・・・」

「今は意味がわからないだろうけど、そのうちからくりが見えてくるよ。うちはこの山を下ったところで農場をやっているの。あそびがてらいらっしゃい。」

「じゃ、お言葉に甘えておじゃまします。僕、花吹雪ノアといいます。よろしくね。」

「わたしは宮之島しろ。兄のじゅりと一緒に暮らしているよ。」

次ページへ→